母乳育児中のアルコールはいいのか!?米モデルで女優のケイト・アプトンの写真に賛否

NEWS
2019年3月5日


英男性誌『MAXIM』の「世界で最もホットな女性100人」で1位に選出されるなど話題のアプトンは11月、プロ野球選手の夫ジャスティン・バーランダーとの第1子ジュヌヴィエーヴちゃんを出産。 写真では、飛行機内のアプトンがベビーキャリアでジュヌヴィエーヴちゃんを胸に抱き、赤い飲みものが入ったグラスを口につけニッコリ。 「2人とも授乳」のコメントの後ろにはワインと哺乳瓶の絵文字を添えました。 この写真には「飲酒したり、たばこを吸ったりしたらそのツケはジュヌヴィエーヴが払うんだよ。あなたじゃなくて」「母乳育児をしてないのか、母乳育児中に飲酒してるのか、どっちにしてもひどい母親」「僕の妻は母乳をあげてたときカフェインもアルコールも断っていたよ」と、アルコールが母乳を通して赤ちゃんに影響するという意見や、母乳を与えずミルク育児をしているのかなど批判のコメントが寄せられました。 しかし、全体を見ればアプトンを擁護、肯定する声が勝っており、「私も母乳あげながら飲んでたよ。グラス1杯なら大丈夫なのに、たくさんの人が知らないで非難しようとするんだよね」「母乳中のアルコール量をチェックできるテストもあるし、彼女が自分の赤ちゃんを危険にさらすわけない。母親も休息するべき」と自身の経験と重ね合わせて同調する声や、母親がリラックスすることの大切さについてコメントする人が目立ちました。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1812/27/news092.html
  • 授乳期に赤ワインを飲むケイトの写真に賛否
  • アルコールが母乳を通して赤ちゃんに影響するなど批判殺到
  • 実際はアプトンを擁護、肯定する声が勝っていた
staff_icon
う~ん。良くないとはいいつつも、ママだって休息するのも必要だから難しいよね。
staff_icon
日本では病院からNG出されるから、イケナイことだと思っている人は結構いるよね。
タバコは吸っちゃってる子は結構いたけど、みんなそんなもんでしょ♪
staff_icon
少しくらいだったらって思っちゃう・・・
staff_icon
ここはママの性格が問われるところですね♪

アメリカ小児科学会の母乳と母乳育児に関する方針宣言では、「アルコール飲料の摂取は最小限にとどめ、アルコールを摂取した場合は2時間以上の間隔をあけてから授乳する」とあります。

少量で時間を空ければ問題ないのでしょうが、多量の飲酒で赤ちゃんが急性アルコールになた事例もあるようなので、油断は禁物ですね!

とはいえ、育児に家事にのママのストレスを溜めないのもやっぱり重要です。

カテゴリー: NEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です